交通事故にあったら・・・

焦ってしまいどのように対処すればいいのか落ち着いて考えられませんよね。 事故発生~施術までの流れをまとめました。
ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院がアドバイスしていきます!

軽度の事故の場合、むち打ち症などの首の痛み方が約9割を超えているといわれます。
事故直後は首の痛みがなくても、数時間後に違和感を感じ出したり、遅いと数日~数週間後に症状があらわれることがあります。
頭痛・吐き気・めまいなど、事故とは一見関係ないような症状がでる場合もございます。これが、むち打ち症の怖いところです。
早期に対応しないと後遺症が残ってしまうこともあります。
そうならない為にも、一日でも早く適切な施術を受けて早期回復を目指しましょう!

交通事故による怪我の施術とは?

交通事故が原因による首の痛みや違和感(むち打ち症、腰痛、手足のしびれや痛みなど)を事故に遭う前の状態に回復させるのを目的として施術をします。
基本的には自賠責保険を使用して施術を受けられます。(窓口負担がかかりません)

具体的な流れ

Step1. 警察に連絡する

交通事故にあった際には、まずは警察に連絡をして事故の状況を伝え、その後届出を出しましょう。(通常は警察官が現場に来るので、そのまま届出を出すこととなります)
交通事故は加害者はもちろん、被害者からも必ず届出を出す必要があります。怪我をした場合は「人身扱い」の届出が重要になります。
ちなみに、自賠責保険も任意保険も、どちらも事故証明が必要です。届出を怠ると、交付されませんのでご注意ください。

Step2. 情報を記録する

3つの情報は必ず控えましょう。

  • 加害者の氏名、連絡先、住所(運転免許証などで確認しましょう)
  • 車のナンバー
  • 任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社の名称

Step3. 目撃者を確認する

事故の目撃者を確認しましょう。
トラブルに発展してしまった時、第三者の証言は有利になるので、通行人や近隣の方で目撃者がいた場合、協力を申し出ましょう。
証言は必ず記録に残し大切に保管してください。協力して頂けるようお願いをし、氏名や連絡先を聞いておきましょう。

Step4. 現場の状況を記録する

事故現場の状況を記録しましょう。
事故当時はショック状態(ある種の興奮状態)になっていることが多いため、その時の記憶が曖昧になることがあります。
可能であれば事故直後の現場の写真(破損箇所、現場の道路状況など)を残しておきましょう。症状の経過等も記録しておくと信憑性があり説明もしやすくなります。

Step5. 医療機関へ受診する

医療機関に行きましょう。
交通事故の施術を受けるには、医師に見てもらう必要もあります。理由として画像判断があげられます。整骨院ではレントゲン撮影はできません。
その前後の相談、施術方法として整骨院という選択肢があります。

Step6. 保険会社へ連絡する

保険会社へ整骨院で施術を継続して受けることを伝えましょう。
ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院にご連絡を頂ければ、保険会社とのやりとりもすべて当院で行い、必要なら弁護士さんのアドバイスも受けられますので、お気軽にお問い合わせください。

病院の事、保険の事、わからないけれどやらなければいけないことが多く不安かと思います。
ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院には交通事故の専門スタッフがおりますので、何でもご相談ください。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】