交通事故治療で重要なポイント

ふじみ野市上福岡 ひかり鍼灸整骨院 では、交通事故治療を行っております。 交通事故による怪我は様々で、普段の生活に支障をきたしたり、お仕事に影響がでたり、痛い上に大変な思いをします。できれば短期間で治療を終わらせたい、早く痛みを抑えたいと、整骨院を利用される方が多いです。整骨院に通いながら他にも必要なことがたくさんあります。ここでは交通事故治療で重要なポイントをまとめてご紹介します。

弁護士に相談しましょう

交通事故治療で、整形外科や整骨院を併用することによって慰謝料が下がることはありません。しかし、慰謝料を下げないためには正確な手順を踏まなければいけません。ところがこの手順というのは少々難しいところがありますので、弁護士に相談すると良いでしょう。弁護士は慰謝料に大きく関係する後遺障害診断書を書いてもらうための手順や、後遺障害認定に必要な材料が何かなど詳しく理解しています。そして治療過程から、今後のことを的確にアドバイスしてくれます。
ひかり鍼灸整骨院では、選任弁護士との無料相談の機会を設けておりますのでぜひご利用ください。

整形外科と整骨院の併用は可能です

併用する場合は、整形外科でも診断を受けてください。整形外科に行っていただく理由として、「医学的に正しい診断を受けることができる」「レントゲン撮影や薬の処方をしてもらえる」「事故直後はどのような状態であったかを明確な記録に残すことができる」などのメリットがあるのです。
整形外科では、電気治療や患部に湿布や包帯を巻くなどの処置は行っていますが、このような治療だけではなかなか痛みが引かない症状もあります。症状を改善、緩和させるためには運動療法や鍼治療、リハビリも行っている整骨院に行かれることを推奨いたします。また整骨院に通院することで、後遺障害診断書を書いてもらいやすくなります。後遺障害や慰謝料の判断においては、実際にどのような症状が残っているのかが重要になりますので、整骨院で継続的に施術を受けている方が後遺障害診断書を書いてもらいやすくなるのです。

整骨院への通院開始を加害者側の保険会社に連絡しましょう

忘れてはいけない大事なことがあります。それは、整骨院への通院を開始する際に、相手方の保険会社にその旨を伝えることです。通院する予定の整骨院の院名や連絡先などを必ず伝える必要があります。連絡しないといけない理由として、保険会社から整骨院に対して治療費の支払いなどをしてもらう必要があるためです。しっかりと手順を踏めば、示談交渉においてトラブルになることは少ないでしょう。ただし、それでも保険会社が整骨院へ治療費を支払わないことがあります。この場合には、一旦自分の健康保険を利用して治療費を支払い、あとから保険会社にかかった治療費の請求をすることになります。このように保険会社とのやりとりは様々であり難しい場合があります。当院から保険会社へご連絡することができますので、ご相談ください。 通院が始まりましたら、できる限り時間をつくり治療に通いましょう。後遺症が残ってしまったり、長期間痛みに苦しまないためにも、早期にしっかりと治療を受け早期回復を目指しましょう。

ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院では、交通事故に遭われた患者様の不安な気持ちを少しでも取り除くことができるように全力でサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】