外反母趾

一般病理学によると足の親指が小指側(外側)に向き、付け根が内側に「くの字型」に曲がっているものとされています。

小指側に親指が寄ってしまうことで親指の関節には炎症が起こり、人差し指を圧迫し、症状が悪化すれば中指や薬指までもが圧迫を受けて痛みが出てしまいます。
初期の状態では靴を履いた時に症状が出ますが靴を脱いでマッサージなどをすると改善する場合もあります。しかし後期や慢性期になると何をしても痛みが取れず、母指の外反がどんどん小指に近づいていってしまいます。

治療法は一般に装具をつけて矯正し、変形が大きい場合は手術を行う方法を取られています。

このような症状は出ていませんか。

  • 歩く度に親指の内側に痛みが出る
  • 痛みはないが親指が変形し始めている
  • 扁平足である
  • ペタペタ歩く習慣がある
  • 足の甲が広い

外反母趾の原因

外反母趾になっている方のほとんどが、開張足又は扁平足と呼ばれる、足の甲が広がった状態の方が多く見られます。

このような状態になってしまっている方の足は、体重をうまく支えることが出来なくなっているため、徐々に足の変形が引き起こされてしまうことが起こります。ハイヒールや小さい靴を履いていると指先を圧迫して引き起こす可能性があります。

あなたは足の裏に横アーチ、縦アーチと2つのアーチがあることをご存知でしょうか。
この2つのアーチが身体を支え、足の健康を保ってくれています。
このバランスが崩れると踵や中足骨頭部といって、指の付け根あたりに痛みが出たりします。

ご自宅で出来る外反母趾予防法

まずはとにかく裸足で生活することです。

足の裏に刺激が少なくなると、外反母趾になりやすくなるようです。
これは、足の指に力を入れることが少なくなり、踏み込んだり踏ん張ったりという動作が少なくなっていることが原因のようです。

しっかり合った靴を履く

小さい靴でも大きい靴でもいけません。小さい靴は指を圧迫してしまいますし、大きい靴ですと足の指が遊んで浮いた状態の指になったり、巻き爪を誘発します。最近ではメーカーによっていろいろなサイズの靴が出ていますので、しっかり合った物を探して履きましょう。

自宅でスリッパを履かない

スリッパは、脱げないように突っかける状態が増えますので、足の指の筋力を低下させる可能性が高くなります。
足の指で踏ん張ることをしなくなると、扁平足になりやすくなり、外反母趾になりやすくなります。

ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院の外反母趾治療について

ひかり鍼灸整骨院では外反母趾は足先の筋肉の疲労によって、足の親指の付け根等に異常な緊張が起こり、痛みが出ると考えています。
この異常な緊張を取り、足の正常なアーチを作ることで外反母趾は回復します。

大切なのは足のアーチの再構築です。
足は小さい骨の集まりで出来ていますから、その骨を一つ一つ動きのある状態に戻すことで足のアーチが再構築されます。

ひかり鍼灸整骨院では、マッサージ、電気療法を主に行っております。これらの治療で血流を良くして痛みの物質を流し、テーピングやサポーター、包帯で患部を固定して痛みを出にくくさせていきます。

体のどの部分でも同じなのですが、筋肉が緊張したままでは疲労がしっかりと取れない環境にあります。
自分の足に合わない靴を履いたとき、足の筋肉は疲労し早く休みたいと思いますが、緊張が強い状態では休めないのでずっと疲れたままになってしまいます。
ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院で適切な治療をしましょう。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】