膀胱炎

膀胱炎とは、おもに排泄の時などに大腸菌などの細菌が尿道から侵入して膀胱で増殖してしまい、膀胱粘膜と粘膜下組織が炎症を起こす病気です。膀胱炎は男性より女性がなりやすい病気です。理由として女性は尿道が短く、また肛門や腟が尿道から近く細菌が侵入しやすいからです。男性では基礎疾患がなければ滅多にみられません。
デリケートな部分の病気であるため、なかなか相談できない方も多くいらっしゃいますが、女性の半数が生涯に1〜2度かかるといわれるくらい非常に多くの方が膀胱炎で悩まれています。

一般的な膀胱炎は、薬をきちんと飲めば治る病気です。

膀胱炎も細かく言えばいくつも種類があるのですが、一般的な膀胱炎であれば、薬の内服のみで治療することができます。ただし、この病気は再発しやすいのが特徴です。
膀胱炎を繰り返す方は、生活習慣において膀胱炎になりやすい要因があるとされています。そのため生活習慣を見直し、対策を考え、予防していくことがポイントとなります。
よく知られている膀胱炎というのは、急性(単純性)膀胱炎のことです。膀胱炎はこのほかにも、慢性膀胱炎・出血性膀胱炎・間質性膀胱炎と呼ばれるものがあります。

膀胱炎の原因

膀胱炎のほとんどは、細菌の感染が原因で起こり、多くは大腸菌によるものです。
大腸菌をはじめとするグラム陰性桿菌が外陰部から尿道を経由し、上行性に感染して発症する急性膀胱炎はよくみられます。
以下のような基礎疾患があると再発しやすくかつ難治性の膀胱炎になりやすいです。

・膀胱癌・膀胱結石、神経因性膀胱(排尿を司る神経もしくは中枢が障害され、膀胱の機能障害を生じた状態)・男性にみられる前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄・女性にみられる尿道憩室(尿道の一部が弱く、嚢状に拡張したもの)など

基礎疾患のない急性膀胱炎では原因不明と言われており、誘因としては、長時間トイレの我慢、風邪や過労などによる抵抗力の低下、性行為、ストレスなどがあり、尿道に細菌が侵入すると、増殖を抑えられずに、膀胱の粘膜に炎症を起こします。

種類別膀胱炎の原因

膀胱炎の原因を膀胱炎の種類別にご説明します。

急性膀胱炎(単純性膀胱炎)

急性膀胱炎は尿道から膀胱へ細菌が感染することによりおこります。主な細菌は大腸菌で、原因菌の80パーセント以上を占めています。
大腸菌の次に多いのは黄色ブドウ球菌で、この他にもまれではありますが、いくつかの菌が挙げられます。
細菌だけでなく、ウイルスや真菌の感染によって膀胱炎を発症することもあります。

慢性膀胱炎(複雑性膀胱炎)

慢性膀胱炎の原因の1つには、急性膀胱炎が慢性化したということが考えられます。そのほかには、別の病気にかかっていて、その病気から細菌などが膀胱に侵入し、繁殖して膀胱炎をおこすというものです。原因となるのは腫瘍や糖尿病、尿路結石や膀胱結石、前立腺肥大などがあります。

出血性膀胱炎

ウイルスや細菌の感染によるもののほか、薬や放射線の影響によるものもあります。出血性膀胱炎を引き起こすウイルスには、子どもがかかりやすいと言われるアデノウイルスがあります。また、出血性膀胱炎をおこす薬には、免疫抑制剤や抗がん剤などがあります。

間質性膀胱炎

細菌などの感染がないにも関わらず、膀胱が慢性の炎症をおこしています。原因はまだ明らかになっていませんが、膀胱の機能障害や免疫の異常反応など、様々な説があります。

膀胱炎の症状

  • 排尿するときや排尿の終わりに下腹部痛が生じる(排尿時痛)
  • 何度もトイレに行きたくなる(頻尿)
  • いきなり尿意を感じ、我慢できないほど切迫する
  • 尿が白っぽく濁る
  • 尿が赤くなる(血尿)
  • 排尿してもすっきりしない(残尿感)

排尿時の痛みは細菌が増殖してくると、特に尿が出終わる時に痛みが現れます。細菌が増殖して膀胱粘膜が傷つけられて目でみてわかるくらいの血尿になることもあります。通常は発熱することはなく、高熱や腰痛がある場合には腎臓にまで炎症が波及して腎盂腎炎を起こしている可能性があります。

膀胱炎の検査

尿検査を行ないます。尿検査では、白血球および細菌を多数認めます。また、尿の細菌培養検査にて、大腸菌が検出されるかどうか確認します。血液検査で全身の炎症所見を認めません。

膀胱炎の治療方法

治療は薬物療法が中心になります。薬物療法は大腸菌に有効とされている抗菌薬を5日間内服します。症状が強ければ、7日間内服することもあります。

膀胱炎の予後

通常は、3日前後で症状が軽くなりますが、完全に菌をなくすために、5日間は薬を飲み続けます。

膀胱炎の日常生活の注意点

膀胱炎にならないために、膀胱炎予防をすることが大切です。

膀胱で菌を増やさない

水分を多めにとり、排尿をスムーズにして菌を排出しやすくします。トイレを我慢しないようにしましょう。

膀胱に菌を入れない

女性の場合、排便後に前から後ろに拭くようにして、肛門の菌が尿道に感染しないようにします。
性交の前には、陰部や手指を清潔にし、性交の後は陰部をシャワーで流します。性交後は排尿して、尿道や膀胱に入った細菌を排出するようにします。
生理中は生理用ナプキンなどこまめに替えて清潔を保ちます。

免疫力を低下させない

疲労をためずに、睡眠をこころがけバランスの取れた食事をとり、急激なダイエットはせずに、体力の低下を防ぎます。体を温めることも大切です。

鍼灸施術の概念には、患者様ご自身の身体の免疫力を高め、病気にならない丈夫な身体を作ることを目的としております。
膀胱炎の原因は、細菌やウイルスによる感染が主な原因です。ウイルスや細菌などに抵抗できる身体をつくり、病気の原因そのものを根底からなくしていくことに鍼灸施術の真髄があります。

長い間、膀胱炎に悩まされている方がおりましたら、一度は鍼灸施術をお試しされることをお勧めしております。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】