眼精疲労

  • 目がすぐに疲れてしまい、辛くて長時間物を見てられない
  • 物がかすんで見える
  • 視線を動かした時に焦点が合いにくい
  • 目の奥が重苦しい、ずきずきと痛む
  • 頭痛や頭が重い感じがする
  • くびの痛みや頭重感がする

目が疲れた、痛いといったことは、誰でも日常的に経験しますが、その大半はしばらく時間が経過すると治ってしまうので忘れてしまう程度です。しかし、症状が長引いたり、体の他の部分に影響を及ぼしたりすることがあります。医学的にはこのような状態を眼精疲労と呼び、単なる目の疲れとは区別しています。目の疲れは休息すれば治ります。しかし眼精疲労は、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・目のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しきれない状態をいいます。仕事や生活環境が変わらない限り自然に治癒するということはありません。

眼精疲労の原因

  1. 眼の酷使
  2. 睡眠不足
  3. ストレス
  4. 眼の異常(緑内障や白内障、斜視、斜位、眼瞼下垂)

といった、様々な要因があります。
最近では、パソコン作業やスマートフォンを見る機会がとても多いと思うので、これもひとつの大きな原因です。
また、ドライアイなどもひとつの原因となります。パソコン作業をしている方はまばたきをあまりしなくなります。そういった方がドライアイだったりすると、更に眼精疲労を加速させます。
近視・乱視・老眼などが進んでいるのに気づかなかったり、眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っていなかったりすることで眼精疲労を起こすケースも少なくありません。
その他にも全身疾患に伴うもの・心因性のもの・環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は非常に多岐にわたっています。
意外と風邪やインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気など、眼精疲労には関係なさそうなことで眼精疲労になることもあります。ただし、原因がひとつだけの場合は、単なる目の疲れでとどまり、眼精疲労にまで症状が悪化することはほとんどありません。いくつかの原因が重なることで目の負担が増え、眼精疲労となります。

眼精疲労の症状

目が疲れる、ぼやける、かすむ、痛い、重い、しょぼしょぼする、まぶしい、充血する、涙が出るといった症状が出ます。また肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気などを伴うこともあります。眼精疲労の大きな特徴は、これらの症状が長引き、放置することで悪化する可能性がある点です。
眼の疲れのせいで全身に影響が起こるなんて、考えられないかもしれません。

眼精疲労の対処法

眼精疲労は複合的な原因によって発症するので、まずは何か病気が隠れていないかをチェックすることが大切です。視力や眼圧、眼底、視野、眼球運動などの検査を受け、病気や異常が見つかればその治療を受けるようにしてください。眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、度数が合っているかどうか定期的に検査することも必要です。パソコンを使うのなら疲れにくい位置にセットしたり、こまめに休憩を取り、軽いストレッチを取り入れることも効果的です。
眼精疲労の影響が出やすい首筋や肩回りは特に重点的に動かすようにしましょう。温かいタオルやパックを首や目の上に当て、血行を促進するのもおすすめです。また作業の合間に、遠くの景色を眺めると目の緊張がほぐれます。不眠は血行を悪くするだけでなく、自律神経を乱して症状を悪化させてしまいますので夜はしっかり眠って目を休めるようにしてください。休日には趣味やスポーツなどで、ストレスを発散し、リフレッシュするのも良いことです。

ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院での治療

目が疲れていたら、目を使う筋肉の大元を緩めることがとても重要です。
目を使う筋肉の大元は後頭下筋群という後頭部と首の境目らへんにある筋肉です。
後頭下筋群とは上下の頭斜筋と大小の後頭直筋の合計4つで構成されます。
この小さな筋肉群は、わずかな頭の動きを調整します。
目を使う作業を行うと、頭が動かないように後頭筋群が制御に働くため、緊張が高くなります。その結果、頚部と頭の筋肉が硬くなります。
後頭下筋群の下には、頚部の動脈や、頚部と後頭部に関係する神経が通っています。
この頚部に関係する神経は、目の神経とつながっています。
そのため、後頭下筋群の過緊張は、後頭部の痛みだけでなく、目のかすみや眼窩痛など、目に関連した症状を誘発します。
このように、目と後頸部、後頭部は密接に関係しています。
なので、眼精疲労には目だけを治療しても治りにくいです。
後頭下筋群の治療は眼精疲労にはとても有効で効果は高いです。
硬くなった筋肉は血行が悪く酸素も不足していて良くない状態になっています。この硬くなってしまった筋肉をほぐすために当院では電気治療や手技療法、場合によっては鍼治療でピンポイントにこりの部分を狙っていきます。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】