ぎっくり腰

ぎっくり腰とは、急性の腰痛発作で正式には急性腰痛症と言います。

特にレントゲンなどで脊椎に異常が見られないぎっくり腰は、筋肉が炎症を起こした筋筋膜性のぎっくり腰と、腸の硬直化や腸のねじれの内臓体制反射に起因するぎっくり腰の2種類に大別されます。

ぎっくり腰に対しては、鍼による施術、足回りの筋肉を緩めるための手技療法よって、十分な治療効果が期待できます。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は、腰痛症の中の急性腰痛症にあたる症状です。急性腰痛症とは、腰椎のねんざ、筋肉の損傷、筋膜に炎症が起こることで発症する腰痛症です。 ぎっくり腰は徐々にではなく、突然激しい痛みがやってくるのが主な特徴です。
ぎっくり腰になると激しい痛みをともない、立ち上がること、そもそも動くことが困難になります。同じ姿勢であったり前かがみの体勢、重いものを持ったり、デスクワークなどで長時間座っている人になりやすいと言われています。

ちなみに慢性腰痛症とは、にぶい痛みが長期間続き、3ヶ月以上続いている症状のことを言います。治療が長引くことがあり、炎症を治療した後も痛みが続くことがあります。

ドイツでは、ぎっくり腰のことを「魔女の一撃」と表現しています。魔女と評される理由には、ぎっくり腰がいつ来るかわからないという不気味さや恐ろしさにあります。前兆に気づきにくく、ふとした拍子に不意にやってきます。そしてその痛みは、動くことさえできなくなるほどなので、まさに魔女の一撃と表現できます。

ぎっくり腰の原因

腰痛の85%は原因が特定できない「非特異的腰痛」と言われています。
ぎっくり腰はこの「非特異的腰痛」の分類に当てはまるため、原因の特定が難しいです。

ぎっくり腰は、腰椎の圧迫骨折、変形性脊椎症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎腫瘍など脊椎の骨折や脊椎の疾患が原因となる場合もありますが、特に脊椎に異常が見られないぎっくり腰は、筋肉が炎症を起こした筋筋膜性のぎっくり腰と、腸の硬直化や腸のねじれの内臓体制反射に起因するぎっくり腰の2種類に大別されます。

筋・筋膜性腰痛

筋・筋膜性腰痛は腰の軟部組織が炎症を起こしたものなので、痛みがある部位を特定できます。また、発作が起こる前に、臀部の筋肉が重く感じることがあります。
歩き方にも極めて明確な特徴があり、アキレス腱に重みを感じており、歩く時にあまり踵が上げられず、摺り足で歩くようになります。
その上、歩行時の姿勢が、痛みのために腰が落ち、膝が曲がり、上体が前屈みになります。
つまり、椅子に座っているような姿勢になります。
日々の生活の中で腰部に筋肉疲労が蓄積し筋肉が硬くなってしまい、ある時、許容範囲を超えると筋肉が損傷して激しい痛みが起こり、ぎっくり腰になります。
筋肉疲労が許容範囲を超えてしまったことで、ぎっくり腰をわずらう人はかなり多いそうです。
それと腹筋と背筋の衰えの影響もあります。
従って、予防法としては腹筋と背筋を鍛えること、日々の姿勢に気を付けることが大切です。

腸の硬直化や腸のねじれに起因するぎっくり腰

腸の硬直化や腸のねじれといっても、腸閉塞や腸捻転ではなく、腸の機能が低下して腸の蠕動運動が正常でなくなった状態を指します。
腸の硬直化や腸のねじれによるぎっくり腰は、腸を支配している自律神経のバランスが崩れることで、腸の異常が発生し、腸の求心性の興奮が対応する筋肉群に影響を与え、筋の過緊張、腰部の痛みなどの症状を引き起こします。
腸の硬直化や腸のねじれに起因するぎっくり腰は、背部から腰部の胸椎・腰椎の周囲、特に肩甲骨と肩甲骨の間、及び胃の上部もこっており、食べ物が食べづらいと言った傾向が顕著になります。

なお、腰部の圧迫骨折の場合は、腰部の激痛だけでなく下半身の感覚がなくなる傾向、また振動でも激痛が感じるという特徴があります。

ぎっくり腰にみられる兆候

筋肉が炎症を起こした筋・筋膜性のぎっくり腰と、腸の硬直化や腸のねじれによるぎっくり腰を区別することは比較的に容易です。

重い物を持ち上げようとしたり、腰を捻った瞬間に起こるぎっくり腰は、筋・筋膜性の急性の腰痛発作である場合が多く、咳やくしゃみをしたり、しゃっくりが出た瞬間に発症するぎっくり腰は、腸の硬直化や腸のねじれによるものが多いです。 また、年に何度もぎっくり腰が起こる場合は、腹筋や背筋の低下による筋肉の問題だけではなく、腸の硬直化や腸のねじれに起因する可能性が高いと考えられます。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰になったら、まずは安静に。そしてアイシングしましょう。
ぎっくり腰の急性期は炎症を起こしている状態ですので、熱を持っているため冷やすと落着くことが多いです。

一回で冷やす時間は5~15分ほどにしてその後1時間ほど冷やすのは休憩してください。
それを何度か繰り返してください。

冷やすのは痛めてからまもない急性期だけで、急性期を過ぎたなら冷やすのはやめましょう。
患部の血行が著しく悪くなっているので、回復期には患部を温めて血行をよくする必要があります。

長時間、安静にしすぎると筋肉が硬くなってしまい、腰痛が悪化することもあります。動けるようになったら、無理のない範囲で普段通りの生活を再開してください。ただ激しい運動することはしないでください。

ふじみ野市上福岡ひかり鍼灸整骨院での治療

ぎっくり腰を経験したことがある人は、治ったからそれでもう終わりとするのではなく、原因を探り、腰痛が再発しないよう心がけることが大切です。
筋肉に疲労が溜まってぎっくり腰になってしまう方は、日常的に疲労が腰にたまりやすい姿勢だったり、使い方をしています。そして疲労が溜まりに溜まって筋肉が緊張し硬くなります。この腰の状態ではよくありません。このような方は日常的にケアをしていくことが大切になっていきます。手技療法や電気療法を行って、筋肉に溜まった疲労物質を流し、筋肉の緊張もほぐし柔軟性のある筋肉にして、ぎっくり腰にならない体作りをしていきましょう。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】