関節リウマチ

リウマチという言葉自体は、関節や筋肉や骨などに痛みやこわばりが見られる病気を総称したものを指します。
その分類の中で関節の炎症を主体として関節痛や関節の変形が見られる病気を関節リウマチと言い、それが略されて一般的にリウマチと呼ばれているのです。
関節リウマチは、一般的な関節痛と違い、免疫の異常により起きるもので、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。

関節リウマチかどうかは、血液検査で分かりますので、下記の症状が当てはまる方は一度病院での検査をお勧めします。

リウマチの症状

リウマチでお悩みの方に多い症状としては、朝のこわばりがまず挙げられます。 朝起きた時から30分以上動きの悪さやこわばりを感じます。またリウマチの初期症状としては、熱っぽい、身体がだるい、食欲が無いなどの症状が出ます。
特に手指がこわばるというのがリウマチの典型的な症状です。
「手指の関節が腫れる」というのもリウマチの特徴的な症状で、進行してくると手指の関節の変形も見られてきます。
どんどん進行していくと関節の腫れや変形、痛みが、手足の指先の関節から始まり手首や肘、肩、ヒザや足首、股関節など全身の関節に拡がっていきます。最終的には関節が完全に破壊されて変形し、全く動かす事が出来なくなってしまいます。
また、リウマチは単なる関節破壊だけに留まらず血管や各臓器での炎症も引き起こす為、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気に進行する危険もはらんでいます。

また、リウマチと言えば年配の方の病気というイメージが強いと思いますが、実際は30〜50代の女性に多く見られる病気です。

原因

はっきりとした原因は特定されていませんが、感染や喫煙、ストレスや出産などで発症するとされています。
そして自己免疫疾患であるということです。
本来、細菌やウイルスなどを攻撃して破壊する身体の免疫機能が異常を起こし、自分自身の関節やその周囲組織を攻撃し破壊してしまいリウマチが発症すると言われています。

関節リウマチは、症状が進む時期と落ち着く時期を繰り返して進行していきます。
関節リウマチの症状をおさえるコツは、この症状が進む時期をいかに短くするかと、落ち着いてる時期に、いかに関節の動きを取り戻させるかにかかっています。
これをほっておきますと、関節がどんどん変形し、手にも力が入らなくなってくるので、文字が書けなくなったり、動けなくなったり、歩くのが困難になってしまいます。

ひかり鍼灸整骨院の施術

まず痛みの出ている患部の治療を行います。手、指が多く、痛みや関節のこわばりが起きています。マッサージや電気治療によって血流を良くしていきます。
そして免疫力を上げ、自律神経の調整をしていきます。
リウマチ患者様は生活習慣であったり姿勢であったりという部分に自律神経が崩れる要素を多々発見できます。 そしてそれを一つずつ解消していくことでリウマチ症状の軽減にもっていくことができます。

薬などでリウマチの影響で出ている症状に直接的に治療を施すことももちろん大切ですし、どうしてリウマチ症状が出てしまっているのか。という一段階手前に対して治療を施すことも同じように大切です。
ひかり鍼灸整骨院ではそこを自律神経の乱れと捉えてリウマチに対する治療を行っています。

免疫力アップや自律神経の乱れを直すために首から背骨・骨盤の歪みを整えていきます。
理由として、姿勢が悪いと背骨が伸びていないので、全身の血液の巡りが悪くなります。
背骨からは内蔵をはじめ、手足にも多くの神経が出ていますので、背骨が曲がるとそれら神経の通りも悪くなってしまっています。
また、猫背になるとお腹も圧迫されますので、内蔵の働きも悪くなります。 ですから、関節リウマチの方への施術は、その方が患っている関節だけでなく、骨盤・背骨、全体の身体のバランスも診ていきます。

変形してくると拘縮もより一層ひどくなるので、リウマチかな。と思ったら早めの検査と治療が重要です。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】