五十肩

40歳~50歳以降に発症しやすいことから五十肩(四十肩)と呼ばれていますが、正式には「肩関節周囲炎」と言います。もともと、この「肩関節周囲炎」になる人は50代が多かったため「五十肩」と呼ばれていましたが、次第に40代でも同じ症状にかかる人が増えたため、「四十肩」という表現でも多く見られます。 そのため、四十肩と五十肩には違いはありません。そして20代でも「肩関節周囲炎」になることもあります。

肩の関節は、働いたり、スポーツをしたりする際に、他の関節と違いさまざまな方向へ絶えず動いています。他方向への動きやすさを確保するために関節としては脱臼しやすい構造になっており、それを保護するために肩関節の周囲には筋肉や腱が多くあります。多方向への支持は、筋疲労が蓄積しやすく老化していきます。このため、40歳頃から特に思い当たる原因がなくても肩に痛みを覚えるようになってきます。ひかり整骨院では五十肩は、肩や首周辺の筋肉の疲労によって起こるものと考え、症状により数パターンの肩関節周囲炎があると考えています。

原因

生活習慣、怪我等により関節周りや筋肉、腱が変化することで起きていると言われています。変化の結果、炎症を起こし痛みを感じたり、可動域が狭くなったりします。しかし原因については確実に分かっている訳ではありません。

症状

症状は腕を上に上げたり後ろに回したりすると痛みが生じます。髪を結ぶ動作(結髪動作)や帯を締める動作(結帯動作)での痛みが出現しやすく、酷くなると、夜間の激しい痛みによって目が覚めたりします。肩を動かすことにより痛みが強くなるので、無意識に肩を動かさないようになり、この状態が長くなると肩関節の周囲に癒着や石灰化が起こりついには肩が挙がらなくなってしまいます。

どのような人が起きやすいのか

その名の通り、40代・50代の人が四十肩・五十肩を起こしやすいですが、逆に60代からは肩の痛みを抱える方は減ってくると言われています。前述の通り、四十肩・五十肩は絶えず肩を動かすことにより発症しやすいですが、歳を重ねると次第に肩の運動量が少なくなるため、負担が小さくなるからだと言われています。

また、パソコンの操作や事務作業の多いデスクワークが多い方の方が、肩への負担が大きく発症しやすい傾向にあります。

治療と生活習慣の改善

四十肩・五十肩の治療はふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院にお任せください。また、肩の痛みが酷くなる前にご相談頂ければより適切なアドバイスもできますので後で困る事もありません。 痛みがある、腕が上がらない、上がりにくいとお困りの方は是非一度ご相談下さい。患者さん自身で出来る一番の対策としてはストレッチです。しかも発症する前からするのが効果的ですので普段から行うのが大切です。

単純に休養のみで回復していく場合もありますが、身体の回復能力を超える程の疲労が起こってしまった場合、ただ休んでいるだけでは回復は難しく、場合によっては悪化していきます。

ひかり整骨院では五十肩は、症状により数パターンの肩関節周囲炎があると考えています。 症状に合わせた治療で、筋肉の緊張を取っていくことで、肩関節が以前の様に動き、通常通りに挙げられる様になっています。
治療法としては、痛みが強くうずきのある初期段階では電気療法、湿布、鍼治療を行い安静にします。痛みが少し治まってきてからは、関節が固くなるのを予防するために運動療法を行い、同時に痛みが強くならないように、マッサージ療法、温熱療法、電気療法を行っていきます。

痛みがひどくて夜眠れない、という方も、なんだか最近少し腕が上がりにくいな、という方もふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院へご相談ください。



pageTop

【関連サイト】