足がつる・筋肉の痙攣でお悩みの方はふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院に

筋肉が自分の意志とは関係なくピクピク動いたり、足がつったなどの経験がある方は多いと思います。
医学用語で名前を筋痙攣といい、ふくらはぎに限定してこむら返りなど呼ばれる場合もあります。
筋痙攣は、ふくらはぎだけでなく足の裏・太もも・背中や首など、身体のどの部位でも痙攣を起こす可能性があります。

筋痙攣の種類

筋肉の痙攣には種類があります。

運動による筋痙攣

運動の最中、急に筋肉を引き伸ばされたりした際に痙攣を起こします。強度の運動を行った後にも痙攣を起こす場合があります。
準備運動が足りなかったり筋肉の柔軟性の欠如などが原因の場合が多いですが、冬の寒い時期などの外的な要因の場合もあります。

血行不良による筋痙攣

血液は酸素を運ぶ働きがある為、血行不良の場合筋肉が酸欠状態になってしまいます。そのため体の血行が悪い人は筋痙攣が発生しやすくなります。冷えると血行は悪くなるので冷えも大敵です。
特にふくらはぎに痙攣が多く発生しやすくなります。心臓から遠く血液が回るのが遅い為です。筋肉の動きが少ないデスクワークの仕事の方や、手芸、読書などが趣味の方など座りっぱなしであまり動かない方に多くみられます。

水分不足、ミネラル不足による筋痙攣

運動後や夏の暑い日などには、かく量の個人差はありますがみなさん必ず汗をかきます。
その際に汗によって体内から水分、ミネラル(カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム)が出て行き脱水症状を引き起こします。
ミネラルは筋肉、神経の調節を行っており、その値が不足すると筋痙攣を引き起こしやすくなってしまいます。
スポーツだけではなく、暑い日に外で仕事や汗をかくことをしていた場合も同様に注意が必要です。

筋肉の損傷による筋痙攣

骨折や肉離れが起きた際に、損傷部位が動くのを極力抑えるため、損傷部位の周りの筋肉が痙攣を起こす場合があります。

こむら返り

筋痙攣で有名なこむら返りについて少し詳しく説明します。
原因としましては上記のように筋疲労、血行不良、水分、ミネラル不足、冷えなどが考えられます。

こむら返りの症状

こむら返りを起こすと、自分の意志とは関係なく足の筋肉が収縮したり痙攣したりし、急激に強い痛みが起きます。人によっては、痺れを感じることもあります。筋肉は硬直してしまい動かしづらく、立ったり歩いたりといった単純な動きも困難になります。
こうした痛みや痙攣は、それ程長くは続きませんので、強い痛みをこらえてしばらく安静にしていれば治るケースも多いようです。しかし何度も同じように繰り返したり、重症になると肉離れを起こして、数ヵ月以上にわたって運動ができなくなったりということもあります。また足だけでなく、手や首、腹、背部などにも起こることがあります。

こむら返りの対処法

予防としては、運動の前後にはしっかりストレッチをし、汗をかいたらこまめに水分、ミネラルを補給し、体(特にふくらはぎ)を冷やさないことなどが上げられます。それでも起こってしまった場合の応急処置としては、痛い方の足をゆっくりと伸ばしつま先を反らせるように起こします。アキレス腱を伸ばすようにつま先を足の甲側に引っ張ります。手が届かない場合はタオルを使ってあげると楽にできます。寝ている方は無理やり立ち上がってしまう手もあります。とにかくふくらはぎの筋肉を伸ばしてあげましょう。痛いとは少し我慢して伸ばしてください。痛みを放置してただ待つよりも治りが早まりますし重症にならずに済みます。痛みが治まったら、蒸しタオルなどで温めてあげてください。
このような応急処置は、家庭でも簡単にできますので覚えておくと便利です。しかし、繰り返し症状が出たり、じっとしていても起こったりなどが長期間続くようであれば、下肢の血流が悪く、重篤な病気を発症している可能性もありますので、医師の診療を受けることをおすすめします。

筋痙攣

筋痙攣の対処法

先ほどはこむら返りを中心に記述しましたが他の場合も説明いたします。

痙攣している筋肉を伸ばす

痙攣している筋肉をゆっくり伸ばしていくと痙攣の解消が早まります。

太ももの前側(大腿四頭筋) 足首を持って踵をお尻につけるように膝を曲げももの前を伸ばす
太ももの後側(ハムストリングス) 筋痙攣の起きていない方で片足立ちになり筋痙攣の起きている方の膝を伸ばした状態で正面の台に乗せ、そのまま体を前に倒してももの後ろを伸ばす
水分補給

前述したとおり汗をかくと水分とミネラルが失われ筋痙攣を引き起こす可能性がある為水分補給をすることで痙攣を抑えることができます。

筋温を上げる

筋肉を軽くさすってマッサージしたり湯船に浸かって筋肉の温度を上げると筋肉の緊張を和らげる効果もあります。
日常からシャワーのみで済まさず湯船につかる習慣やお風呂上りのストレッチ、軽い運動を心がけておくと血流の流れが良くなり筋痙攣のリスクを減らすことができます。

ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院では

筋痙攣は筋肉疲労も原因としては考えられます。筋肉が硬くなってしまったり、疲労物質が溜まっていると筋痙攣が起きやすくなってしまいます。マッサージや電気療法で血の流れを良くし、疲労物質を流してしまいましょう。ストレッチも効果的です。伸びにくくなってしまった筋肉は柔軟性に欠けていますのでつりやすくなっています。
当院では問題の起きた筋肉を特定し、適切な刺激を加え、筋肉をほぐしていくことで、症状を緩和し痙攣の再発を防止します。



pageTop

【関連サイト】