女性特有の腰痛

女性は、妊娠による体の変化や生活習慣などが腰痛の原因になる場合もあります。

特に妊娠中は、重くなったお腹のバランスをとるために腰椎が反りやすく、背骨や筋肉に負担がかかりがちです。
妊娠中に発症した腰痛は、出産後までに長引くケースも多々あります。
妊娠による腰痛を防ぐには、胸を張っておしりを引き締め、必要以上に腰椎を反らさないことが必要です。
ツラくなる前に腹帯や骨盤ベルトを活用して、骨盤の位置を固定するのもおすすめです。

妊娠以外にも、いつも履いている靴やバッグの持ち方が腰痛の原因になることもあります。
ハイヒールを履くと骨盤が前に傾きやすく腰に負担がかかります。
また、片側の肩だけにバッグをかけ続けることで背骨のバランスに悪影響が出やすいです。
腰椎対策として、かかとの低い靴を履き、バッグは左右持ちかえるか、リュックサックに変更するなどで防げる腰痛対策の意識も大切です。

なお、月経時の腰痛は、子宮筋腫や子宮内膜症などの可能性も考えられます。
痛みが強い時は病院へ行き、産婦人科医に相談してからふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院への受診をお勧めしております。

日常生活での予防

腰痛は、デスクワークなど長時間の同じ不良姿勢、体格によるもの、生活習慣のクセなどが原因になる場合が多く、一度発症すると再発したり、長期化することが多いとされます。
そのような腰痛を引き起こす要因の多くは生活の中にあるので、最も大切な事は予防と定期的な身体のメンテナンスです。
重い物を持ったり、体を曲げたり、ひねったりする動作が多いと、腰痛を起こしやすくなります。

長時間同じ姿勢を続ける仕事(例えば、デスクワークや工場作業、立ちっぱなしの作業、タクシードライバーなど)も腰に負担かけます。

予防策として、重たい物を持ち上げる際は、必ずヒザを曲げて、腰をおろしてから持ち上げてください。
両ヒザを伸ばしたまま腰を曲げて持ち上げる動作(中腰)は、腰にかなりの負担をかけるので危険です。

また、適度な休息も大事です。

極端に重い物を運搬するときには、できるだけ複数人で持つよう心掛けるのも大切です。
ちなみに、成人男性の場合の重量制限は体重のおよそ40%以下が目安だと
厚生労働省の腰痛予防対策指針で示されています。体重65キロの男性なら、26kgまでが限度です。

また、肥満など太りすぎの体型、日頃の姿勢が悪い人、筋力低下がある人なども、腰痛の大きな原因となる為、日頃の運動が有効なのは言うまでもありません。

まずは痛みをとることが先決

ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院では、腰痛治療で来院された患者様に対しては、手技療法で筋肉と骨盤を緩めるだけでなく、超音波療法・低周波療法・テーピング療法・など症状に合わせた施術で対応させて頂いており、まずは痛みを取る事を目的とします。

そして、再発防止の為には、根本的な原因を解決する必要がある為、ストレッチの正しいやり方や姿勢改善・体幹トレーニング・日常生活動作のちょっとしたアドバイス、何よりも腰痛を再発させない為に私達スタッフが、時には厳しく・時には優しく指導させて頂きます。
一度では難しいのですが、治療を繰り返す事で、脳と身体が正しき状態(姿勢)をインプットすることにより、だんだんと身体のバランスも整っていき、次第に腰痛もなくなっていきます。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】