腰痛・ヘルニア

このようなお悩みありませんか

  • デスクワークの仕事なので、長時間座っていると腰が痛い
  • 立っているだけなのに痛みを感じる
  • 朝起きると腰が痛い
  • 急なぎっくり腰で困っている
  • 動くと腰に痛みが走る
  • ヘルニアの症状が重く、腰がまっすぐ伸ばせない

腰痛・ヘルニアの原因とは?

腰痛の原因は多岐にわたり一言で原因を言い切るのは難しいです。
全身の歪み、筋肉の歪みやねじれによる刺激、妊娠・出産後の骨盤の歪み、体重の増加、長時間の姿勢維持などで腰の筋肉に負担が蓄積されます。
また、体の左右バランスが悪いと、筋肉に張りが出て、筋肉が硬くなり、痛みが出るなど様々です。
また、パソコンやデスクワークが長い間続くと、その間の上半身への負担が ずっと腰にかかり続け、腰の筋肉が緊張し続け、筋肉が硬くなるという状態が起こってしまうのです。
このように腰痛・ヘルニアの予防として、まずは骨盤・骨格を整え柔軟な筋肉を保つことが大切です。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の本当の原因とは?

坐骨神経痛とは腰から足先にかけて通っている坐骨神経が脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどにより神経が圧迫された結果,坐骨神経の痛みになる事が多いとよく言われています。
しかし、坐骨神経痛の本当の原因は患者様によって異なります。日常生活の姿勢の悪さ・疲労の蓄積やお仕事での反復動作などにより骨盤の歪みができ、筋肉が硬くなることにより筋肉の中にある神経・血管が圧迫され腰から足先にかけて痛みや痺れが出てきます。。
又症状が出てるところだけが悪いわけではなく、症状を出している坐骨神経が圧迫されるところを特定し、そこを治療し坐骨神経の圧迫を取り除き坐骨神経痛を治療することが根本的に改善するたった一つの方法になります。
そもそも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまう骨格の歪み、筋肉の短縮等の要素があり腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)や脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)になりやすいベースがあるために腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまいます。 何度もなる方はここが治っていない為に繰り返してしまいます。 これを治す事によって根本的に改善し、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症自体にもなりにくい身体になります。

ひかり整骨院の坐骨神経痛の施術方法とは?

ひかり整骨院には坐骨神経痛と診断され色々な治療院へ行き注射や痛み止めの薬を飲んでも良くならなかった患者様が多く来院されます。
脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアだけが坐骨神経痛の原因ではなく日常生活での悪い姿勢の繰り返し、疲労の蓄積や仕事での反復動作にて骨盤の歪みが出てきます。骨盤が歪むと循環が悪くなり筋肉が硬くなります。
筋肉が硬くなるとその中にある神経や血管が圧迫され坐骨神経痛の症状が出てきてしまいます。この硬くなった筋肉に対し、手技療法や超音波療法、低周波療法を行います。

ぎっくり腰

ぎっくり腰のきっかけは様々ですが、多くは重いものを持ち上げようとする時や腰を強くひねった時になります。腰の疲労がたまっている時にもなりやすいものです。
正式には、急性腰痛症のことですが、腰の筋肉やじん帯に損傷を受けるものです。

ぎっくり腰になる原因としては、

  1. 腰の筋肉や関節に急激な負荷がかかる
  2. 筋肉疲労

などがあります。

不自然な格好で腰に力がかかってしまったり、くしゃみをしただけでもぎっくり腰になる場合がありますので、注意が必要です。
また、長時間同じ姿勢でパソコン作業などをしている場合も、腰に大きな負担がかかりますので、急性腰痛症になりやすい環境にあるといえます。
腰に負担がかかるような仕事をされている方は、腰の疲労解消となるストレッチをしたり、定期的に軽い運動をするようにしてください。

また、腰に強い痛みが出ている時は、自己流のマッサージなどはしないようにしてください。
腰の筋肉の状態を確認しながらでないと痛みを和らげるどころか、症状を悪化させてしまう危険性もありますので、ひかり整骨院にご相談していただくことをお勧めします。



pageTop

【関連サイト】