腰痛・ヘルニア

このようなお悩みありませんか

  • デスクワークの仕事なので、長時間座っていると腰が痛い
  • 立っているだけなのに痛みを感じる
  • 朝起きると腰が痛い
  • 急なぎっくり腰で困っている
  • 動くと腰に痛みが走る
  • ヘルニアの症状が重く、腰がまっすぐ伸ばせない

腰痛・ヘルニアの原因とは?

腰痛の原因は多岐にわたり一言で原因を言い切るのは難しいです。
全身の歪み、筋肉の歪みやねじれによる刺激、妊娠・出産後の骨盤の歪み、体重の増加、長時間の姿勢維持などで腰の筋肉に負担が蓄積されます。
また、体の左右バランスが悪いと、筋肉に張りが出て、筋肉が硬くなり、痛みが出るなど様々です。
また、パソコンやデスクワークが長い間続くと、その間の上半身への負担が ずっと腰にかかり続け、腰の筋肉が緊張し続け、筋肉が硬くなるという状態が起こってしまうのです。
このように腰痛・ヘルニアの予防として、まずは骨盤・骨格を整え柔軟な筋肉を保つことが大切です。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の本当の原因とは?

坐骨神経痛とは腰から足先にかけて通っている坐骨神経が脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどにより神経が圧迫された結果,坐骨神経の痛みになる事が多いとよく言われています。
しかし、坐骨神経痛の本当の原因は患者様によって異なります。日常生活の姿勢の悪さ・疲労の蓄積やお仕事での反復動作などにより骨盤の歪みができ、筋肉が硬くなることにより筋肉の中にある神経・血管が圧迫され腰から足先にかけて痛みや痺れが出てきます。。
又症状が出てるところだけが悪いわけではなく、症状を出している坐骨神経が圧迫されるところを特定し、そこを治療し坐骨神経の圧迫を取り除き坐骨神経痛を治療することが根本的に改善するたった一つの方法になります。
そもそも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまう骨格の歪み、筋肉の短縮等の要素があり腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)や脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)になりやすいベースがあるために腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまいます。 何度もなる方はここが治っていない為に繰り返してしまいます。 これを治す事によって根本的に改善し、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症自体にもなりにくい身体になります。

ひかり整骨院の坐骨神経痛の施術方法とは?

ひかり整骨院には坐骨神経痛と診断され色々な治療院へ行き注射や痛み止めの薬を飲んでも良くならなかった患者様が多く来院されます。
脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアだけが坐骨神経痛の原因ではなく日常生活での悪い姿勢の繰り返し、疲労の蓄積や仕事での反復動作にて骨盤の歪みが出てきます。骨盤が歪むと循環が悪くなり筋肉が硬くなります。
筋肉が硬くなるとその中にある神経や血管が圧迫され坐骨神経痛の症状が出てきてしまいます。この硬くなった筋肉に対し、手技療法や超音波療法、低周波療法を行います。

腰椎椎間板ヘルニア

こんなお悩みをお持ちの方は、ひかり鍼灸整骨院にお任せください

  • 激しい腰痛
  • 片側の足にひびく痛みやしびれがある
  • 足の裏側にしびれがある
  • 腰を丸める動作が辛い
  • 歩行困難になることがある
  • お尻の周りに鈍痛やしびれが出る
  • 足の感覚がおかしく動かない時がある
  • つまずきやすい

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰痛や坐骨神経痛の中で、特に多い疾患が腰椎椎間板ヘルニアです。
特に20~40代の時期に多発します。
突然発生するタイプと、慢性的にじわじわと生じる2パターンがあります。
椎間板は背骨と背骨にサンドイッチされた具のようなもので、クッションと潤滑剤の役割を果たしています。正常な椎間板のだと椎間板の後ろにある神経は自由に動くことができます。身体の曲げのばしによって神経は障害物なく、脊柱管内を痛みもなくスムーズに滑ることができます。この椎間板がつぶれてはみ出た状態を椎間板ヘルニアと呼びます。
もう少し詳しく言いますと「ヘルニア」とは、組織にできた亀裂から内容物が飛び出す状態のことを言い、椎間板ヘルニアとは、椎骨の間に挟まっている椎間板に亀裂が生じて、中の髄核というゲル状の組織が飛び出してしまう状態です。
椎間板ヘルニアになると、後ろにある神経は圧迫されて上下に自由に動くことができなくなります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰をそらしたり前に倒したりすることで椎間板は強く圧迫され、髄核が飛び出します。飛び出ただけでしたら痛みもないですが、その出た髄核が神経を刺激することによって痛みを生じます。圧迫によって腰痛、足の痛みや痺れなどが起こり、酷くなると感覚が失われたり足が動かせなくなるケースもあります。
また、腰よりも足に痺れや痛みが出やすくなるのは椎間板ヘルニアの主な症状である坐骨神経痛が起こっているためです。坐骨神経は太く長い神経で、腰椎からスタートし神経が束になり、骨盤を通り、膝を経由して足裏まで続いています。そのため、坐骨神経に障害が生じると、腰から太もも、ふくらはぎ、足裏などに強い痛みや痺れが出るのです。また、脚に脱力感などが起こることもあります。
腰椎椎間板ヘルニアは特に仰向けの姿勢で片足を伸ばしたまま上げた時強く痛みます。また、痛みが強い片側をかばおうとして身体が片側に傾く疼痛性側弯が起こります。逆に椎間板ヘルニアでも神経に障害がない場合は、痛みが出ない場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

ヘルニアの原因としては本来あるべき臓器の位置から臓器の一部がはみ出てしまって周りの神経を圧迫してしまい症状が出ます。損傷する原因としては30~40歳代くらいの方は長年の腰椎への負担から、椎間板の強度が徐々に下がります。そこに重い荷物を中腰で持ち上げる、急に腰をひねるなどの無理な動作が加わると椎間板の組織である線維輪に亀裂が生じ、その内側にある髄核という組織が背中側にはみ出してしまいます。これが椎間板ヘルニアです。はみ出した椎間板は、脊柱管を通っている神経やそれに続く神経根を圧迫します。それによって、炎症や血流障害が起こり、痛みが出ます。
骨盤や背骨がずれている方なども原因としてあります。普段の悪い姿勢が積み重なってしまい椎間板が疲労して様々な症状が出てきます。
また、タバコに含まれるニコチンが椎間板の周囲の毛細血管を収縮させ栄養が行き渡らなくなり変性させてしまうため、喫煙も椎間板ヘルニアに繋がるリスクが伴います。

腰椎椎間板ヘルニアの治療

大きく分けて、手術をする方法と、手術をしない方法があります。
手術をしない方法というのは、保存療法と言って、安静治療、理学療法、そして投薬による治療があります。
手術をする場合は保存療法などでも改善が見られず、痛みやしびれに耐えられなくなった場合は、ヘルニアの切開手術が行われます。
腰椎椎間板ヘルニアの治療法は自然治癒することもあるため保存療法から先に行います。

保存療法の例としては、

  1. 激しい痛みを抑えるために局所麻酔やステロイド薬を注射する神経ブロック
  2. 非ステロイド性抗炎症薬を使って痛みを抑える薬物療法
  3. 痛みが落ちついたあと、筋肉を強化するための体操や、専用の器具で身体を牽引する理学療法

などがあります。

手術療法は、

  1. 患部を背中側から切開し、ヘルニアを切除する後方椎間板切除術
  2. 金属などで骨を固定する椎間固定術
  3. 背中を切開せずにヘルニアを切除する新しい手術法の経皮的椎間板療法

などがあります。

整骨院では保存療法に基づいた治療を行います。
ひかり鍼灸整骨院では腰椎椎間板ヘルニアの症状の改善だけではなく、再発しない為の体作りをお手伝いしています。 腰椎椎間板ヘルニアによるつらい痛みをとにかく一刻も早く取り除き、腰を動かしやすくしたいというときには、ひかり鍼灸整骨院の施術が効果的です。放置しても痛みは一時的に収まりますがお身体がゆがんでいると、すぐに復活し再発しやすくなります。
ひかり鍼灸整骨院では、負担がかかっている腰のゆがみを整えていきます。
ゆがんだことで張りや痛みが出ている周囲の筋肉を一気に緩ませて、張りや痛みを緩和するだけでなく周辺のゆがみまで整えるので、再発しにくい体になっていきます。

ゆがみの原因

骨盤や背骨のゆがみは、日常生活の悪い姿勢が原因です。
多くの方が日頃から当たり前のようにとっている姿勢なのですが、足を組む姿勢や片足重心の姿勢といった悪い姿勢を毎日繰り返すことで、ご自身では気づかないうちにお身体が歪んでいき、痛みの原因が出来上がってしまうのです。

正しい姿勢が必要な理由

人間の体は土台である骨盤の上に背骨がブロックの様に乗っていて、脚は骨盤の下にぶら下がっています。骨盤や背骨がゆがんでいると普通の方より筋肉や関節に負担がかかり、血流の循環が悪化するため何らかの症状が出ます。この様な状態を放置していると痛みを感じたり、血管や神経を圧迫して痺れを引きおこしたりします。

ご自宅でできるヘルニア解消法

自宅ではお尻や足や肩甲骨のストレッチをすることで腰への負担が減っていきます。慢性的に症状が出ている場合は、腰を温めてあげることも痛みが軽減しますのでお風呂に入り温めることもお勧めです。運動不足なども原因になってくるので、全然運動しない人でしたら散歩をして固まっている筋肉を動かしてほぐしていきましょう。散歩は全身的に効果が見られます。歩く前にしっかり準備体操することも、よりほぐれた状態で歩くので効果があります。

ふじみ野市上福岡ひかり鍼灸整骨院のヘルニア解消法

ヘルニアに対するひかり鍼灸整骨院の治療はヘルニアが出来ている場所の異物の除去を促進する電気治療や、ヘルニアの出来ている周りの筋肉の深部を狙って痛みの緩和を目的とした鍼治療や、長年にわたる、姿勢や骨盤の歪みからくる腰への負担を手技療法(マッサージ)の治療で解消していきます。
腰椎椎間板ヘルニアの患者様は腰をかばいながら生活しているため腰だけではなく、お尻や太ももの筋肉にも負担がかかっています。また、腰や骨盤の関節の動きが悪くなっていることも多いので、固くなった筋肉を手技療法でしっかりと緩めた後に、悪くなった関節の動きをしっかりと整えます。
施術後痛みが消え、症状が改善された状態が、時間がたつことで元に戻ることもあります。
これは正しい位置に矯正された骨が、今までの悪い習慣で筋肉が引っ張り、元の悪い状態に戻ろうとするからです。
その為、施術を繰り返し行う事により正しい状態をお身体に定着させていく事が必要です。
自覚症状がなくなっても、再発を防ぐための定期的なメンテナンス治療も重要となってきます。
長年腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛でお悩みの方は是非ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院までお越しください。

ぎっくり腰

ぎっくり腰のきっかけは様々ですが、多くは重いものを持ち上げようとする時や腰を強くひねった時になります。腰の疲労がたまっている時にもなりやすいものです。
正式には、急性腰痛症のことですが、腰の筋肉やじん帯に損傷を受けるものです。

ぎっくり腰になる原因としては、

  1. 腰の筋肉や関節に急激な負荷がかかる
  2. 筋肉疲労

などがあります。

不自然な格好で腰に力がかかってしまったり、くしゃみをしただけでもぎっくり腰になる場合がありますので、注意が必要です。
また、長時間同じ姿勢でパソコン作業などをしている場合も、腰に大きな負担がかかりますので、急性腰痛症になりやすい環境にあるといえます。
腰に負担がかかるような仕事をされている方は、腰の疲労解消となるストレッチをしたり、定期的に軽い運動をするようにしてください。

また、腰に強い痛みが出ている時は、自己流のマッサージなどはしないようにしてください。
腰の筋肉の状態を確認しながらでないと痛みを和らげるどころか、症状を悪化させてしまう危険性もありますので、ひかり整骨院にご相談していただくことをお勧めします。

ぎっくり腰についての詳細はこちら


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】