首の痛みについて

寝違え

寝違えは、寝ている間に長時間不自然な体勢で筋肉や関節に負担を掛けることによって起こります。
症状としては、首を動かそうとすると起こる強い痛みやなにか引っ掛かるように感じます。場合によっては全く動かせなくなる方もいます。
一般的な肩こりもそうですが、身体に大きな負担となるのは長時間同じ姿勢が続くことです。その姿勢が悪ければなおさら体に負担がかかってしまいます。
不自然な体制や姿勢で固まってしまった筋肉や関節の動きを改善してあげましょう。

むち打ち

交通事故によるムチウチは頸椎の捻挫にあたります。 追突事故など、急激な外からの力により頚椎が強く伸ばされてしまい、曲がる動きの中で筋肉や靭帯、関節に無理な力が加わることにより組織の損傷が起こります。
むち打ちの独自の症状としては、頚の痛みや可動域の低下、ときに頭痛を伴うこともあります。
痛めてすぐの場合は安静が必要ですが、痛みにより筋肉の緊張が強くなり、頚椎の動きは悪くなってしまいます。損傷している部分にも負担が掛かりやすい状態です。
安静を保つだけではなく、筋肉の状態を整える必要があります。損傷している部分に負担をかけないように施術を行う必要がありますので、専門的な技術が必要になります。
自分で解決しようと無理に動かそうとせず、積極的に治療を受けに来てください。

タイプ別むち打ちの症状

それぞれ大きく以下のようにわけることができます。

頸椎捻挫型 頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多く見られ、交通事故によるむちうち症状の全体の70~80%を占めています。
根症状型 頚椎の並びに歪みが出来ると、神経が圧迫され症状がでます。
バレ・リュー型 頚椎に沿って流れている椎骨動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、吐き気などの症状が現れると考えられます。
脊髄症状型 頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢の神経が損傷され、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れます。
脳髄液減少症 一時的に髄液圧が急上昇し、その圧が下方に伝わり腰椎の神経根にもっとも強い圧がかかることでクモ膜が裂けると考えられています。
脳脊髄液減少症の症状は極めて多彩で、不定愁訴が相当します。

変形性頚椎症

加齢性の変化による現象ではあるのですが、頚椎の骨棘(とげ状の突起)形成椎間板(椎体と椎体の間にありクッションの役割をしている)の変性、靭帯の石灰化、骨化などが原因により、頚椎の可動性や重量のある頭部や腕など体を支える機能の低下、神経または脊髄が圧迫・刺激を受ける疾患です。症状としては、頚の痛みや凝り、手の痛みや痺れなどがあります。ひどくなると、腕に力が入りにくい、手で細かな動きができなくなるなどの症状が出ることもあります。

治療は『頸椎を支える筋肉の状態を良くする』『頸椎の可動性の回復、頚から背中の姿勢を良くする』ことが重要になってきます。頚の骨が変形しているので、周りの筋肉も状態が悪くなっています。筋肉によって支える力が弱くなっている、あるいは固くなり動かないことから、姿勢の悪化につながり頸椎の変形がさらに進んでしまうのです。

筋肉の状態を良くし、頸椎の負担を減らし、可動性を改善していくことが重要になります。



pageTop

【関連サイト】