首こり

首の痛みを抱えている方の多くは、「昔からだしきっと体格の問題だから仕方ない。」「仕事が原因だから仕方ない。」と、特に治療はせずに湿布薬を貼ったり、痛み止めを飲んだりして我慢してしまっているようです。

首のこりは重さ・だるさだけでなく、首の痛みや頭痛色々な症状を引き起こすことがあります。ほっておいても改善しないばかりか、余計に症状が重くなってしまう場合もあります。ただのこりと軽く見ず、我慢せず、気軽にふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院までご相談ください。

そもそも首こりとは

首こりとは、首周辺の筋肉(首から肩につながっている筋肉、首から頭につながっている筋肉)の緊張や疲労による、圧迫感や違和感・不快感だるさ・重さなどのコリ感を日常生活において感じる症状のことをいいます。
肩から首にかけてコリを感じることも多く、肩こりと合わせて日本人にとても多い不調です。首こりがひどくなると、コリだけではなく痛みを感じるようになり、頭痛を併発することも多い症状です。

学生は勉強姿勢、社会人の方はデスクワークやパソコン作業などで同じ姿勢をとり続けていると筋肉が疲れ、そこに疲労物質が溜まります。すると筋肉が硬く張ってコリ、重ダルさとなって身体に出てきます。
硬くなった筋肉をそのままにしておくと血管を圧迫し、血行不良を引き起こし、コリがひどくなります。そして末梢神経が傷つき、日常的にジーンとした痛みや痺れが起こります。
治療をせずそのままにしておくと首だけでなく身体の色々な部分に影響が出て、日々の生活に影響が出ますので早めに治療していきましょう。

頭、顔への影響

  • 目の奥の痛みや眼精疲労を感じる
  • 首の後ろ~側頭部、頭頂部が痛む
  • 吐き気を感じたり気分が悪くなる

首、肩への影響

  • 首の後ろから背中まで痛む
  • 時には胸部に痛み、コリ、ダルさが現れる。

腕から指先への影響

  • 腕から指先に痛みや痺れが現れる。

首こりの原因

  • 猫背、姿勢の悪さ
  • 寝不足
  • ストレス
  • スマートフォン・PCの使いすぎ
  • TVの見過ぎ
  • 自律神経の乱れ
  • 交通事故の後遺症による首の痛み

など原因は多岐にわたり、猫背などの姿勢の悪さやストレス、TVやスマホの見過ぎによる眼精疲労からも首こりになってしまいます。
また、自律神経の乱れで首周辺の筋肉が必要以上に緊張することによって、血流が悪くなることで首こりになる場合もあり、生活習慣や環境の改善が必要な場合も見られます。

ひかり鍼灸整骨院の首こり治療

ほとんどの方は正しい姿勢に治れば症状が改善されます。
現代では、パソコンやスマートフォンが普及し、仕事や趣味など一日の中で長い時間それらの操作に費やすようになりました。
仕事や生活は飛躍的に便利になった代わりにそれらを使用することで起こる疾患にかかる患者様がとても増加してきています。 そういった作業中はどうしても姿勢が悪くなりがちです。無意識に背中が丸くなり、重い頭が前方に傾くため、肩や首の筋肉に大きな負担を掛ける状態になっているのです。

当院では、首こりの原因を

  • 肩関節・肩甲骨の歪み
  • 背骨(体幹)の歪み
  • 骨盤の歪み

と考えています。

骨盤が歪むと、体のバランスが悪くなり、肩の関節がズレたり歪んだりしてしまいます。肩関節にズレや歪みが出てくることで、肩の上にある首の関節や筋肉のバランスが悪くなり、過緊張による首こりが発生するのです。

これらは全て連動しており、骨盤が歪む→背骨が歪む→肩甲骨が歪む→肩関節が歪むといった流れで体はどんどん歪んでいきます。

そうすると首についている筋肉や、首から肩にかけてついている筋肉に緊張や疲労が出て、コリになってしまいます。
そこで当院では、歪みの矯正をしていきます。
手技療法(マッサージ)で筋肉をほぐし、電気療法で血流の流れを良くしていきます。
場合によっては鍼なども取り入れ、筋肉をやわらかくしていきます。

首こりに悩まされている方は、是非1度ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院にお越しください。



pageTop

【関連サイト】