乳腺炎

  • 授乳中に胸に痛みや焼けるような感覚を感じる(通常、左右片方のみ)
  • 胸の一部にしこりや硬さがあり、押すと痛む
  • 胸の一部に熱がある、赤みがある
  • 母乳の色が黄色っぽい
  • 赤ちゃんを抱っこしたり、腕をあげると痛む
  • 疲労感と体調の不調がある
  • 熱と悪寒がある

乳腺炎は感染の結果として、乳房組織が炎症を起こした時に発生します。乳腺炎は片方の胸が痛くなったり、敏感になる感染症です。この乳腺炎はほとんどの場合、授乳中のお母さんがかかります。兆候やリスク要因を知り、乳腺炎にならないようにするにはどうすればよいのか、どのように治療していくのかを見ていきましょう。

乳腺炎の兆候と症状

初めての授乳開始時におっぱいが敏感になったり、ヒリヒリとするのは至って通常のことです。乳腺炎には以下の兆候と症状があります。

乳腺炎の原因

乳腺炎の原因には以下が挙げられます。 授乳方法が正しくなくおっぱいが完全に空っぽにならないと母乳が詰まってしまいます。この詰まった母乳がチクチクする痛みを引き起こしたり感染症を引き起こす原因になってしまったりします。母乳が通る乳腺が詰まり、炎症が起き、そしてお母さんの皮膚や赤ちゃんの口から細菌が乳首の皮の亀裂あるいは乳管の穴を通って侵入し感染してしまい痛みなどの症状が出ます。 母乳は血液がもとで造られている為、血行が悪くなったり、脂肪分の多い食生活をしていると血液の流れが悪くなり、乳腺炎の危険性が上がります。
身体の歪みによる姿勢の悪化や下着の締め付けが強いあるいは胸に圧がかかっている場合も乳腺から母乳の流れを悪くします。また、非常に疲れている、あるいはストレスを感じていたり栄養不足でも乳腺炎の危険性は上がります。

生活習慣と姿勢習慣から予防できるポイントを紹介していきます。
乳房に熱を感じた場合は炎症がありますので、保冷剤や氷などで5~10分程患部を冷やしてください。
また、食事の問題も考えられるのでバランス良く摂取することが大切です。乳腺炎は脂肪分や糖質類の多いもの、消化の悪いものなどの摂取が多いとなりやすいため、ゴボウやニンジン、レンコン、大根などの温かい根菜類を中心とした和食を多く食事の中に取り入れるといいです。海藻類や豆類、青菜類、魚類がおすすめです。
和食を中心とした食事は母乳の質も良いため、赤ちゃんの栄養にもいいです。
お母さんが食べたものが赤ちゃんの栄養になるということも考えると、コンビニの弁当やファストフードはあまり体に良いものではありませんので避けた方が良いと言えます。

また、こまめに水分をしっかり摂取することも気をつけてください。飲み物は冷たいものよりも、温かいカフェインのないルイボスティー、ハーブティー、ほうじ茶などおススメです。
コーヒーなど利尿作用の強いものは体内の水分を減らしてしまうので摂り過ぎないようにしましょう。乳腺炎の原因につながります。

授乳時に意識すべきこと

左右どちらか同じ方ばかり授乳するクセをつけない

いつも左右同じ方から授乳していると、反対側で授乳する量が減ってしまい、乳腺炎の原因になります。
また、授乳姿勢が崩れて、猫背になれてしまうと、母乳の出も悪くなってしまいます。 右の時間、左の時間を同じ授乳時間になるように意識してください。そして、張り感を感じやすい方からあげることもポイントです。

授乳をする時間間隔を開けすぎないように

夜赤ちゃんが夜泣きしないようになりしっかり寝るようになると、授乳間隔が長くなるため、その間乳房も張ってしまい乳腺炎になることもあります。搾乳もうまくとりいれ、授乳間隔5時間以上は開けないようにしましょう。 特に卒乳するときは、急にやめようとすると乳房が張り、乳腺炎を起こすこともあります。 搾乳や授乳のあげる回数を減らしながらコントロールしていきましょう。

搾乳のしすぎも乳腺炎の原因に

搾乳を頻繁にしていると必要以上に母乳の分泌が増えてしまい、反対によくありません。母乳の出しすぎにも注意してください。

ひかり鍼灸整骨院の乳腺炎治療

病院や助産院では主に乳房マッサージや抗生剤などの薬での治療が行われています。一時的に改善する場合もありますが、また再発してしまうケースが多いです。重症化すると手術を勧められることもあります。

ひかり鍼灸整骨院では患部には触らず、乳腺炎を予防する、または再発防止をするため手技療法を行っています。強すぎない刺激で乳腺炎と関連のある肩甲骨周りや姿勢の改善を行っています。

また、骨盤や内臓の位置異常や機能を整える事で血液やリンパ液の循環も良くなり、結果的に乳腺炎になりにくい身体にしていきます。
肩こりや猫背、骨盤のゆがみからも乳腺炎は影響しますので、お悩みの方はご相談ください。

治療の性質上、女性施術者のみが施術を行ないますのでご安心してお越しくださいませ。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】