スポーツ障害Q&A

スポーツ障害とは?
スポーツによって関節、靭帯、腱、骨などに繰り返し外力が加わることで引き起こされる障害のことです。オスグット病、シンスプリント、疲労骨折、腰椎分離症、野球肩、野球肘、テニス肘などがあります。
これは、練習前のウオーミングアップ、練習直後のアイシング、運動前後のストレッチなどで予防や改善がはかれます。初期の状態であれば、短期間のスポーツ休止で改善がみられますが、無理をして悪化させてしまった場合、長期のスポーツ休止のみならず、良いスポーツパフォーマンスを二度と発揮できない状態に陥ることもあります。
スポーツに支障をきたす症状が2-3週継続するようであれば一度専門の医療機関を受診してください。
代表的なスポーツ障害ってどんなのがあるの?
オスグッド病
シンスプリント
野球肘、テニス肘(離断性骨軟骨炎)

オスグッド(成長痛)

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 部活動をしていると膝が痛くなる
  • ジャンプすると痛みが出る
  • 思いっきり運動ができない
  • 一生懸命部活動などで運動をしているけれど、膝に痛みが出て思うように練習することができない。

急に身長が伸びて、それから膝が痛み出した。
など、いわゆる「成長痛」で苦しんでいる方は参考にしてください。

そしてよろしければご来院いただければ、今後、運動していく上で手助けになるかと思います。

オスグッドの原因

オスグッドは成長痛と呼ばれるように、急に身長が伸びたりすると、骨の成長に筋肉の成長が付いていけず、痛みが出たりします。

また、逆もあります。
急激に筋肉トレーニングなどをすると、成長期の柔らかい骨が筋肉の強さについて行けず、骨の変形などが引き起こされる可能性があります。

自宅でできるオスグッド予防法

一番簡単に、且つ効果的なものは、足のストレッチになります。その他には、湯船に浸かって足を温めること、サポーターなどを着けて、普段から足を冷やさないことです。

運動前には当たり前ですが、準備運動をしっかりとすることです。「いつもみんなでやっているよ」という方は、それでは足りないということです。他の人より、筋質が硬かったり、関節が固かったりと、理由は様々あるとは思いますが、他の人以上にやらなくてはなりません。

ご自身の身体を知ることがとても大切で、ご自身にはどれくらいのアップ、クールダウンが必要かを探っていってください。
それでも問題が出ることは多々あると思います。そんな時は、ひかり整骨院を頼って頂ければ、運動を応援するスタッフが一生懸命治療させて頂きます。

ひかり整骨院のオスグッド治療

ひかり整骨院でのオスグッド治療は、患部の炎症が強い場合は、電気治療やアイシングで炎症を抑え、様子を見ながら手技療法を入れていきます。
身体のバランスが崩れていたり、負担のかかった部位に対して治療をしていくことにより、痛みを抑え、再発防止を目指します。学生の方などは回復力も高いので、早い子では2・3回の治療で結果が出てきます。もちろん、日頃のご自身のケアも大事になってきますので、その辺も徹底的に指導していきます。

大切な成長期、痛みで辛い思いをし続けない為にもぜひ、ひかり整骨院にお越しくださいませ。

シンスプリント

こんなことでお悩みではありませんか?

  • すねの内側になにか痛みを感じる
  • 痛みの感じ方が徐々に増えている
  • 普段は痛みがないが、運動すると痛みが出る
  • 良く走ったりジャンプしたりする
  • 扁平足である

放っておくと怖い、シンスプリント。すねの部分の痛みは運動しようと思えば出来てしまいます。
それ故、治療をないがしろにしがちな方が多いようです。
ですが、あまり放っておくと、疲労骨折に繋がることもあり、意外と恐ろしいものです。

シンスプリントの原因

シンスプリントは、「すね」にくっついている筋肉の異常によって引き起こされます。

その原因にはいくつかありまして、身体的な問題としては、扁平足などで足のクッション性が減少している状態です。
その他には、身体的な問題は無くても、オーバーワークにより、疲労が蓄積してしまっている人にも起こります。オーバーワークとは、疲れているという意識がなくても、身体には疲労が溜まっていきますので、むしろ疲れを感じない方のほうが危険です。
疲労の蓄積の要因には、道具や運動する場所など、環境にも大きく左右されます。
道具であれば、クッション性のあるシューズを使っているか、場所であればグラウンドではなく、アスファルトの上を走っている等です。

ご自宅で出来る「シンスプリント」の予防法

まずは休息を取ること。とにかく痛みがあるときは使わないことです。
また、その効率を高めるために、入浴をする。日常的に足を冷やさない、しっかりした靴を履く等が簡単にできる日常ケアです。
そしてつま先のストレッチは効果的です。但し、運動やストレッチはやってはいけない時期もありますので、専門家にしっかり指導して頂いたうえで行ってください。

ひかり鍼灸整骨院の「シンスプリント」の治療について

ひかり鍼灸整骨院では、負担のかかっている足に少しでも負担が減るように、身体全体のバランスを整える事を同時に治療していきます。
その為、患部のつらさを取るのに、最短で行う事ができると思います。
ただ、経験上、しっかりと運動を休める方が少ないので、治療は長期に及ぶことも少なくありません。
患者様の予定を伺いながら、大会や試合、マラソン大会など、イベントに間に合うよう治療と指導をしていきますので、どのような予定、日程があるかも相談していただければ幸いです。

いずれに対してもふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院で症状の改善を図り、早期スポーツ復帰を目指します。

野球肘、テニス肘(離断性骨軟骨炎)

投球による肘傷害を総称して『野球肘』といいます。骨・軟骨や靱帯・筋腱付着部の傷害が含まれますが、部位により内側型と外側型に分類されます。

内側型

野球肘は内側靱帯・筋腱付着部の傷害や尺骨神経の麻痺が主体で長期的な経過は比較的良好ですし、投球しながらの治療も可能です。

外側型

『外側型』野球肘は発育期では離断性骨軟骨炎が中心となります。離断性骨軟骨炎は投球による微少外力の蓄積によって外側の骨軟骨がはがれてくる“病気”です。
頻度は内側型に比べ少ないですが、長期間(半年から場合によっては1年半以上)の投球動作の禁止を強いられることになります。



pageTop

【関連サイト】