白帯下

帯下とは

帯下(こしけ、たいげ)とは、おりもののことをいいます。女性の性器から出る様々な分泌液の集合体で、子宮内膜の粘液、子宮頸管の粘液、腟粘膜の分泌液や、はがれ落ちた古い細胞、皮脂腺や汗腺からの分泌液などで出来たものです。
白帯下(はくたいげ)とは、粘着性で無色透明または膣上皮が混ざって白や淡黄色に見えるものを指しています。 現代の成人女性で帯下が全くない人はほとんどいません。そのくらい帯下は、非常に一般的な現象です。 帯下の役割として一番大事なことは、雑菌が腟の中に入るのを防ぐ働きです。これを、自浄(じじょう)といいます。腟口は、肛門の近くにあるため、大腸菌などの雑菌が侵入しやすい環境となっています。そこで膣内を酸性に保ち菌の進入を防ぐために分泌されるのが帯下です。
また、排卵期では、授精を助ける働きがあります。普段は酸性に保たれている腟内ですが、排卵期では子宮頸管からの粘液が増え、アルカリ性に傾きます。そのため、アルカリ性を好む精子が入りやすい環境に変わります。

黄色い膿のようなものが混ざっている帯下を黄帯下といいますが、これは感染症や腫瘍の疑いがありますので、早めに婦人科に行って検査してもらうことをおすすめします。
また、出血が伴う帯下は血性帯下といい、月経時を除いて不正出血があるようでしたら、やはり婦人科に受診してみてもらう必要があります。
帯下の状態によって、婦人科系の病気が判明することがあります。
日頃から、色が黄色い、いやな臭いがするなどの症状が気になる場合は、子宮体がんや子宮頸がん、また細菌性膣炎や子宮内膜炎や感染症などといった病気の可能性がありますので、なるべく早めに婦人科に行って診てもらってください。

帯下の状態

正常帯下

帯下は、いつも多少はあるものです。量や性質には個人差が大変大きく違い、年齢や体調によっても変化していきます。

透明、乳白色、クリーム色で、いずれの場合も下着について乾くと黄色っぽくなります。
ほとんどないという少ない人から、下着を通して洋服にまで浸透してしまうほど多い人まで様々です。

妊娠、経口避妊薬の使用、性的興奮によっても、帯下の量や性状は変わります。閉経以降はエストロゲン濃度の低下に伴い、多くの場合帯下の量は減少していきます。
妊娠可能な年齢である女性では帯下の量や状態は、月経の周期に合わせて変化しています。これは、帯下の分泌が女性ホルモンと深く関係しているためです。帯下は、卵胞ホルモン(エストロジェン)の分泌が増えると増え、黄体ホルモン(プロジェステロン)が増えると減ります。

月経直後 量は比較的少ない。月経後しばらくは、においが強くなることもあります。さらっとした粘り気ない状態。
卵胞期 排卵期に向かって量は徐々に増えていきます。前半は、さらっとした粘り気のない状態。
排卵期 量が最も増える時期です。においは強くありません。透明で粘り気があり、卵の白身のように糸を引くような状態。
黄体期 量は減り始めます。月経前に再び量が増え始め、においがきつくなることもあります。次第に粘り気がなくなり、色は透明から白濁したものに変化していきます。

帯下は、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロジェン)と深い関わりがあるため、思春期の初経が来る少し前、卵胞ホルモンの活動が始まる頃から分泌されるようになります。 20歳前後には、卵胞ホルモンの分泌がピークを迎えるとともに、帯下の量も増えますが、一般的に、においはあまり強くないようです。  30代半ばくらいから、卵巣機能は成熟の後期に入ります。ホルモンの分泌は多いものの、からだの新陳代謝が衰え始めるため、帯下のにおいが強くなる傾向があります。  40代以降は、卵巣機能の衰えとともにホルモンの分泌が減少し、帯下の量もだんだん少なくなっていきます。また、妊娠中とくに妊娠初期は、不安定な胎児を雑菌から守るために胎盤から卵胞ホルモンがさかんに分泌され、帯下の量が多くなるようです。

病的な帯下

以下のような帯下は異常と考えられます。

  • 普通より量が多い。(量は個人差が大きい為、普段の自分と比較)
  • 普通より濃く、ねばねばしている。
  • 白いかたまりの状態。
  • 膿のような状態。
  • 生臭いような嫌なにおいがする。
  • 灰色、緑色や黄色みを帯びた色、血液が混じった色をしている。

帯下は腟の炎症によっても起きることがあります。悪臭や生臭いにおいを伴い、白色、灰色、黄色みを帯びた色の濁った帯下は、たいていは細菌性腟炎によるものです。

  • カンジダ症:色が濃く、かたまりを伴う帯下
  • トリコモナス症:ときに悪臭があり、緑がかった黄色の泡状の濃い帯下
  • 腟、子宮頸部、子宮内膜の癌:血液の混じった水っぽい帯下

当院での治療法

骨盤周りのバランスが骨盤内血流量に関係します。骨盤の歪みや腰部、臀部の筋緊張により骨盤内血流量が悪くなります。
女性ホルモンは骨盤内の卵巣から出ますので、骨盤内血流量が大きく関係します。
骨盤周りのバランスを整えることも帯下の治療には必要になります。手技療法(マッサージ)でお尻周りの筋肉をほぐし、筋肉の緊張を緩めていきます。
下半身の状態も女性ホルモンに影響しやすいので足の方までしっかりマッサージしていきます。特に下半身の冷えがある場合は、効果的です。筋肉をさすって筋肉の熱量を上げ、マッサージによって血流の改善も期待できます。 下半身の血行状態が悪いと下半身の悪い血流が骨盤内に影響してしまいます。婦人科系疾患には下半身の状態を良くすることで症状が改善することが多いです。

治療の性質上、女性施術者のみが施術を行ないますのでご安心してお越しくださいませ。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】