テニス肘

一般的にテニス肘と呼ばれていますが、医学的な正式名称は上腕骨外側上顆炎と言います。

テニス肘は肘の使いすぎではなく手首や指の使い過ぎです。上腕骨の外側上顆という骨の部分に手首や指の筋肉を動かす筋肉がたくさんくっついています。手の甲側の腕を見ながら、手をグーパーしてみてください。筋肉が動いているのがわかると思います。手首と指の筋肉は複数あってそれらの筋肉は同じ骨(上腕骨外側上顆)にくっつきます。この筋肉を使いすぎる事によって筋肉は緊張し、骨に引っ張るストレスを与えてしまいます。その状態が続くと炎症が起こるため痛みが出てしまいます。

テニス肘(外側上顆炎)の代表的な症状としては

  • 肘の痛みや違和感
  • テニスでボールを打つ時、肘の外側に強く痛みが出る(特にバックハンド)
  • タオルや雑巾を絞る動作で肘が強く痛み、絞れない
  • パソコン作業を行う時、肘に痛みが出る
  • ドアノブを回したり、握手をする動きで肘に痛みが出る

テニスプレイヤーでよくみられる症状なのでテニス肘といわれていますが、テニスをしている人だけが発症するものではありません。テニスをしていなくても外側上顆炎の部分への負荷が多い時には発症してしまうことがあります。その中でも特にテニスのバックハンドをたくさん行うことでその動きに関わる筋肉が傷み、肘が痛くなってしまうことをテニス肘と呼ぶことが多いのです。テニスのバックハンドのように手首や指を背屈する(反る)動作を日常や仕事で多く使う人はテニス肘になる可能性が高くなります。例えば、パソコンのキーボードを打つ動作、マウスでクリックする動作、手のひらを下にして物をつかんで持つ動作、ピアノやバイオリン、雪かきなどの力仕事でも外側上顆炎は発生することがあります。

テニス肘は内側、外側の2つに分けられます。
外側型が最も多く、テニス初心者やウィークエンドプレーヤーに多くみられます。テニスプレーヤーの肘外側痛は、中高年のテニス愛好家に生じやすく、使いすぎや、ラケットまたはプレースタイルを変えた時に生じやすくなります。バックハンドストロークとボレー、サーブ、スマッシュの際に痛みが増強します。バックハンドストロークでは、インパクト時にラケット面にかかるボールの衝撃が、ラケットのグリップを握っている手関節から前腕伸筋群と回外筋群が付着している肘の外側(上腕骨外側上顆部)にかかり、炎症や骨膜炎を生じます。

また、先ほども述べたように外側型はテニスと無関係に日常生活のなかで発生することも多く、加齢による筋肉の退行変性が原因となります。

酷くなると手をグー、パーするだけでも痛みが出ます。物をつかめなくなったり、パソコン作業、字を書くことが辛くなってしまいます。

ご自宅で出来るテニス肘解消法

痛みが強くて炎症を起こしている時は、安静と冷却、特に休養が大切です。
患部の安静のためには、手のひらを上に向けるようにひねる動きと、手の甲を上に持上げる動きをできるだけしないことが重要です。

ふじみ野市上福岡のひかり鍼灸整骨院ならではのテニス肘治療について

テニス肘、上腕骨外側上顆炎の場合、前腕伸筋が収縮を過剰に繰り返すことで、筋肉の付着部である肘の外側に負担がかかることにより炎症が起こります。
痛みのある部分の炎症を鎮めること、手首から肘までの部分の筋緊張の緩和の治療はもちろんですが、腕や肩甲骨回り、首や背中の硬さも、肘関節周りへの負担の増減に影響しますので、併せて治療をする場合もあります。

超音波、低周波治療で血行を良くし炎症を鎮めます。
マッサージ、ストレッチで筋肉をほぐしています。強すぎるマッサージやストレッチは筋肉に負担をかけて痛みが増悪する場合がありますので痛い場合は我慢せずにお伝えください。
サポーター、テーピングで固定し、肘への負担を減らします。
湿布薬で痛みの鎮痛、痛みを感じづらくしています。
痛みの緩和については、鍼灸治療を行う場合もございます。


当日予約OK!ケータイも可 インターネット予約はこちら


pageTop

【関連サイト】