腱鞘炎

腱鞘炎とは

腱鞘炎とは、指や手首を使い過ぎにより、手首の「腱(けん)」や「腱鞘(けんしょう)」などに負担がかかり、指の付け根や手首が痛くなる症状のことです。

腱鞘炎では以下のような症状が出ます。

  • 手首を動かした拍子に激痛が走る
  • 指を動かすと手首に痛みが出る
  • 重い物が持てない

酷くなると非常につらい症状です。痛みが出て初めて分かる、手の利用頻度の多さ。手が痛みで使えなくなると、普段は無意識に使っている分、本当に不便です。

スマートフォンの使い過ぎで腱鞘炎になることも

メールは勿論、いつでもどこでも調べ物をしたり、ゲームや小説を楽しんだり、何でもできる便利なスマートフォンですが、それ故にいつでもスマートフォンを手放せない、暇さえあればスマートフォンをいじっているという人は多いのではないでしょうか。そんな方が発症しやすい手や指の腱と腱鞘の炎症が「スマホ腱鞘炎」と呼ばれるもので、現在老若男女を問わず急増しているようです。

そもそも人の手はスマートフォンのような小さすぎるキーを打つのに適していないため、過度にスマートフォンを使用するとそれだけ負荷がかかってしまうのです。加えてスマートフォンの操作は腱鞘炎になりやすい特有の動きや姿勢を取る為、なおのこと発症しやすいわけです。

スマートフォンで腱鞘炎になる原因

スマートフォンを操作する時、片手だけで操作することが多いですが、その場合、親指以外の指と手のひらでスマホを支え、フリーになっている親指だけで操作をします。この偏った筋肉の使い方により手や腕の筋肉や関節に余計な負担がかかってしまいます。両手でスマートフォンを操作する場合であっても、基本的に親指操作になってしまうことが多く、親指とその根元の腱や腱鞘だけ異常に酷使することで炎症が起こります。

そのうえスマートフォン操作中は体全体が前方へうつむき加減となるため首や肩の筋肉も凝ってしまい、血行が悪くなって腱鞘炎を起こしやすくしてしまうのです。これらの要因により手首の親指側におこる腱鞘炎を、「ドケルバン病」と呼びます。

ドケルバン病検査方法「フィンケルシュタインテスト」

親指を中に入れるようにして握りこぶしを作り、その手首を小指側に曲げてみた時に痛みを感じるなら陽性です。

腱鞘炎の原因

スマートフォンでの親指の使いすぎや、お仕事、家事による手の使いすぎはもちろん、男女性差でいうと女性に発症しやすい疾患です。理由としては筋力が少ないので関節に負担がかかりやすいことと、更年期や出産でのホルモンバランスが影響してきます。
産後、出産の為に緩んだ子宮や骨盤を元に戻すホルモンや、腱鞘を収縮させるホルモンが全身に働き、赤ちゃんの抱っこや家事などで手首に負担が掛かり炎症を起します。
また、50代更年期によりホルモンが低下すると、腱や腱鞘を柔らかくするホルモンが閉経により減少し、柔軟性がなくなり摩擦を起こして痛みが出ます。
ホルモンバランスの変化が起こると、腱や筋肉に蓄積された疲労やダメージが取れにくくなるからという説もあります。

ですが、おおもとはやはり使いすぎによる疲れの蓄積が原因です。疲れを取り除いてあげることが治癒、予防に大切です。

ご自宅で出来る腱鞘炎解消法

一番のケア方法は、「使わないこと」ですが、なかなかそういう訳にはいきません。

症状が軽い状態でしたら温めたり、腕をマッサージすると、症状の緩和がみられると思います。
炎症が強く、熱や痛みが強い場合は炎症を抑えるために患部を冷やすことをお勧めします。

ひかり整骨院の腱鞘炎治療について

  1. 腱の腫れを引かせて熱(炎症)をとる
  2. できるだけ安静にする

この2つがとても大切です。

ひかり整骨院での治療は電気治療によって、炎症を抑え、患部の回復を促進します。そして手技療法(マッサージ)を行って患部の血流を良くし、痛み物質を流します。なるべく安静にしていただくために包帯やサポーターでの固定も行っております。
その他に腕や肩のマッサージも行う場合もあります。
物を持つときに、肩に余計な負担が増え、その結果、腕に掛かる負担が増えます。最終的には、手首に掛かる負担が増え、一度治っても、再発を繰り返すことがあります。痛みのある局所だけでなく、首やああ肩から疲れを取っていくことで痛みや再発を防いでいきます。

手術による治癒を目指す方も、使いすぎや疲労の蓄積でまた繰り返す可能性があります。

根本から治していきたい方にはひかり整骨院へご相談ください。



pageTop

【関連サイト】